下っ腹を引き締める器具ならアブローラーがマジオススメです【腹筋が商品になります】

最終更新日:2019/05/01 プチ筋トレ

こんにちは、ペンギンヤスです🐧

今回は「下っ腹を引き締める器具ならアブローラーがマジオススメです」というテーマでお話しします❗

まずはじめに僕の腹筋(下っ腹)ですが、

こんな感じです。

もちろん、ボディビルダーや筋トレユーチューバーたちには、足元にも及ばない腹筋(下っ腹)です。

しかし、大切なことは、

・ジムへ行かずに、家だけで筋トレしていること

・筋トレ時間は1日5分であること

・プロテインを摂取していないこと

ということ、つまりコスパよく腹筋(下っ腹)を鍛えることができています。

プロフィールにも書きましたが、学生時代は運動部だったので筋トレには比較的慣れています。

ただし、当時はまだアブローラーの存在を知りませんでした。

つい最近アブローラーを使い始めて、あ〜らビックリ!

腹筋のボコボコ具合が、目に見えて、手に触って、変化していくのが実感できました(^^)

ちなみに、アブローラーを使いはじめて、丁度3ヶ月ぐらいです。

このブログをはじめたのがつい最近(2019年4月29日)なので、肝心なアブローラーをやる前の腹筋(下っ腹)を見せられないのが残念ですが、とにかく成果が現れました(^^)

もと運動部で筋トレに慣れていたはずの僕でさえ、「こ、これは、すごい…」となった器具です!

ただし、効果がある反面、きちんと使わないとケガをするリスクもあるので、もう少しくわしく説明していきましょう!

 

下っ腹を引き締める器具ならアブローラーがマジオススメです

アブローラーにもいろいろな種類があります。

まずは僕が使っているものを紹介します。

「adidas(アディダス) トレーニング 腹筋ローラー アブホイール ADAC-11404」という商品です。(正しい商品名をはじめて知った)

なぜ、この商品にしたのかといいますと、やはり「adidas」というブランドがカッコよかったからですね(^^)

ちなみに、僕はネットではなく、ショップで買いました。「XEBIO」というスポーツショップです。もし近くにショップがありましたら、いくつか類似品もあるので、実際手に取ってみるのがよいかと思います。

他の商品はこんな感じです。

本当、いろいろな種類がありますね(^^)

ちなみに上の2つは使ってはいませんが、個人的にはけっこう「アリ」だと思います。

といいますと、adidasのアブローラーは体幹を鍛えるために、「わざとグラグラにして安定性の悪い設計」になっています。

体幹を鍛えるにはいいのですが、正直アブローラーはしっかり安定してコロコロしたほうがいいと思います。

特に初心者(僕もそうです)は、正しいフォームからはじめないとケガのリスクがけっこうあります。

もちろん、最後は自分で決めるべきですが、体験者の声として、参考にしてください。

ちなみに、値段もピンキリですが、「ニトリ」で売っているような、すぐ壊れそうな商品もよしましょう^^;

値段以上の価値は絶対にあるので、壊れづらくきちんとした器具でトレーニングしてくださいね!

 

想像以上にキツい…

やってみるとわかりますが、今までの腹筋トレーニングとはわけが違います。

おそらく1回もできない人が多いのではないかと思います。(僕もそうでした)

ただ、それがいいのです!

「1回もできない…」→「1回できた!」→「次は2回できた」→「さらに3回できた!」という、目に見えてわかりやすい達成感となるからです! そして、その過程で必ず腹筋(下っ腹)が変わってきます!

最初はキツいですが、ぜひ諦めずに続けてみてください。

 

スモールステップではじめよう!

とはいえ、最初から上級者と同じ方法でやるのは無理があります。

アブローラーには、スモールステップがあります。

くわしくはググってくれればいいのですが、

①「膝コロン」

②「膝コロ」

③「立ちコロ」

というステップで強度が増していきます。

また、壁を使って強度を変えていく方法もあります。(こちらの方法はサイヤマングレートさんという筋トレユーチューバーの動画が非常にわかりやすいです)

ちなみに「③の立ちコロ」は別格の難しさです。まだ僕もできません^^;

あせらず、このステップでコツコツと続けていきましょう。立ちコロまでにも、確実に腹筋(下っ腹)は変わっていきます。

 

どのくらいやればいいの?

僕はいつも仕事が終わって、家に帰ってきてから、アブローラーをします。

10回✕3セットで、セットの間は1分のインターバル(休憩)をはさみます。

つまり、5分で終わってしまうのです。

でも、大丈夫です! それだけでもマジで効きますよ(^^)

そして、アブローラーをやった翌日はプッシュアップ、その翌日にアブローラーと、このように1日あけてトレーニングをしています。

 

これだけは気をつけよう!

1日5分とはいえ、かなり効くアブローラーです。

ここでは実際に使ってみた経験を解説します。

①無理はしないで!

→疲れてくるとフォームが崩れます。フォームが崩れると「腰」を痛めます。腰を痛めると仕事にも支障が出るので、決して無理はしないことです。

②最初は筋肉痛になりました(^^)

→普段使っていない筋肉だったので、案の定、筋肉痛になりました^^; 筋肉痛が残っている場合は、無理せずにできる範囲の回数・セット数にしましょう。

③頭や顔面を打つことがないように!

→幸いにも僕はまだないのですが、不安定なローラーなので、意図しない動きで頭や顔面を床に打ってしまうことがあるようです。気をつけて! そして無理はしない❗

これらに気をつけていけば必ず成果は出て、下っ腹は引き締まっていくでしょう(^^)

 

アブローラーは間違いなく効果あります

YouTubeでメンタリストDaiGoさんが「アブローラーは意味がない」と言って、サイヤマングレートさんは「俺の腹筋がエビデンスだ!」と反論していました(^^)

このやり取り、論点(争点?)がズレていただけで、結果はどちらも正解でした。

腹筋を割る、下っ腹を引き締めるには、体脂肪を落とさなければいけません。

それも落ちにくい下っ腹の体脂肪を、です。

それを理解しないで、いくら腹筋を鍛えても意味がないと、DaiGoさんは言っていました。

まさしくです。

ですので、体脂肪を落とす「プチ断食」を紹介していました。

その上で、日本一の腹筋を持つ、サイヤマングレートさんのアブローラーの方法を学べば無敵です!

とにかくペンギンヤスは、プチ断食とアブローラーで間違いなく腹筋が割れてきて、下っ腹も引き締まってきました。

まさしく「エビデンスは俺の腹筋」です❗


以上、「下っ腹を引き締める器具ならアブローラーがマジオススメです」でした❗

最後。つい先日、友達のある女子がバランスを崩して、僕の腹筋をふいに触ってしまう場面がありました。

そして、そのときに「え❗腹筋ヤバ❗❓」という声を発しました(^^)笑

令和時代も腹筋が売れる時代です!笑

これからどう変わっていくのか僕自身が楽しみです!

それではまた! ペンペン🐧

 

Follow me!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です