がんばろう! 部活サッカー!!

ちょっと前の話題ですが、サッカーアジアカップが終わりました。

結果は準優勝でしたね。監督やら選手やら、色々反省があるでしょうが、この経験を生かして次の大会もがんばってほしいと思います。

さて、今大会のサッカー日本代表ですが、今までの代表と「あるところ」が全く違っていました。

ちなみに僕は試合前のメンバーを見て、一発でわかりました。皆さんはわかりましたか?

かつて、中田英寿、中村俊輔、本田圭佑らが中心だった時代。

今回は、堂安律、原口元気、吉田麻也らが選ばれました。

そう、あらゆるもの、ことの時代の流れは速いです。

サッカーも例外ではありません。

何が言いたいのかって?

日本代表に高校サッカーではなく、クラブチーム出身者が増えたのです

中田英寿は韮崎高校、中村俊輔は桐光学園、本田圭佑は星稜高校出身です。小野伸二、川口能活、城彰二らも高校サッカーから生まれたヒーローでした。かつての名プレーヤーは皆、高校サッカー出身でした。

そこから、少しずつJクラブのユースを中心とした選手が代表に増えてきました。

今回のアジアカップ、パッと思いつくのは、大迫勇也が鹿児島城西高校、長友佑都が東福岡高校、柴崎岳が青森山田高校、乾貴士が野洲高校出身というところでした。(伊東純也が逗葉高校→神奈川大学出身ってすごいな!)

長友佑都はどちらかというと大学で花が咲いた選手ですが、大迫も柴崎も乾も高校選手権ではテレビの話題をかっさらうスーパープレイヤーでした。

つまり、高校サッカー選手権でのスーパープレイヤーは代表クラスまで生き残れますが、あとはクラブチーム出身の選手が生き残っていくのです。

いや、現状は高校サッカーのスーパープレイヤーもどんどん代表から減っています。

かつては、ほぼ高校サッカー出身者が日本代表をほぼ締めましたが、今や時代が変わっているのです。

かつて高校サッカーをやってきた自分にとっては寂しいものです。

 

 

さらに残酷なことを言うと、今回高校サッカー選手権で優勝した青森山田高等学校。そして、準優勝の流通経済大学付属柏高等学校。

彼らの出身を見ると、中体連(部活)出身者はほぼ皆無なのです。

強豪校といわれる高校の大半の選手、彼らもJクラブとまではいかなくても、中学校ではクラブチーム出身なのです。(青森山田中学校。あれはもうほぼクラブチームな!笑)

高校と同じく、中学校でも部活だった自分にとってはこれも寂しいです。

そう、今の時代の流れでは、

部活では上を目指せないのです

これが現実です。

 

そして、おそらくこの流れはもっと増えてくるでしょう。

なぜなら、「働き方改革」「ブラック部活」などという言葉によって、もっと部活は小規模化してくると思うからです。

中学校の先生が大変なのはすっごくわかりますが、それでも寂しい気持ちが消えません。

僕の知り合いに「学校での1番の思い出は?」と声をかけると、「部活だな!」という声が返ってくることが多いです。

賛否両論ですが、それぐらい学生を夢中にさせる力が部活の力はあるのです。

 

ない人にはないですが、ある人にはあるのです。

 

寂しい…でも現実を受けとめなければならない。

そして、1番悩んでいるのは、現場の人たちなのだから。

マジで、今中学校の先生にでもなったろうかな!?という想いだってあります。(免許はあるからな!)

 

ここからは仮定論です。

もし、僕がサッカー部の顧問になったらです。

まずは選手をしっかり見極めたいと思います。

「この子たちは、上を目指せる選手なのか?」

といった感じです。

もちろん、僕の想いは全員が上を目指してほしいですし、黙っていても僕がそう仕向けますが笑、ただそれでも部活に入ってくる子は「想いがマチマチ」だということを忘れはいけないと思います。

なぜなら、小学校の時から志の高い選手は今やクラブチームに行ってしまうからです。

悪い言い方をすれば、部活に入る選手はそこまで志の高い選手ではないかもしれません。もちろん、やる気に満ち溢れて部活を頑張る子も絶対にいると思いますが。

まずは、そこをしっかり見極めたいと思います。

でないと、「行き過ぎた教育」になりかねません。

 

さて、見極めができたところで、次の戦略です。

徹底的に「差別化」を図ります。

かつて「差別化」といえば、どちらかというとクラブチームの専売特許だったでしょう。

よいコーチに、よい環境…といった部活にないメリットで選手を惹きつけたはずです。

しかし、これからは部活こそがクラブチームにないメリットを打ち出すのです!

ただ、悔しいけど、サッカーの環境では勝てません。

道具も、選手も、コーチも勝てません。

じゃあどうするのか?

決まっているだろ!(ここから敬体が崩れる笑)

 

 

サッカー以外で勝負するんだよ!!!

 

 

例えば、

①地域のボランティアに色々参加する

ってどうだろう?

老人ホームや障碍者の施設でもいい。そこでボランティアをするんだ。今や知的障碍者のサッカーやブラインドサッカーなど色々ある。そういうところにもたくさん交流するんだ。交流が増えれば、もしかしたら自分たちの試合に応援に来てくれるかもしれない。そうなったら最高だ!

②他の部活とコラボレーションする

選手登録の関係でさすがに試合に出ることはできないかもしれないが、練習は一緒にやる機会をつくる。例えば、フィジカルを強化したいときは陸上部の練習に入れてもらったり、アジリティーを強化したいときはバスケ部の練習に入れてもらったりする。そうすれば、色々な力が身につくし、部活をまたいでお互いの交流や切磋琢磨につながるだろう。また、何も運動部にこだわらなくてもよい。「俺は絵を描きたいんや!」とか「俺は吹奏楽にも憧れがある!」という子はそのような部活にも参加したらいい。なんかの大会があって、僕のサッカー部だけ、試合中に子どもたちが作った応援幕や、吹奏楽での応援があったら最高すぎるだろう!笑

③夏休みは1時間学習!

夏休みといった長期休みも部活が入っていることが多い。その際、思い切って練習前の1時間は学習の時間にすればいいのだ。よく部活と勉強の両立というけど、実際はテスト週間のときにまとめて勉強する人が多いものだ。そうなると、やはり日々継続的に机に向かっている塾に行っている人のほうが強い。僕の部活は違う。夏休みは学校に来たら、まずは1時間集中して学習だ。夏休みの宿題をやってもいい。塾の宿題をやってもいい。学習習慣を身につけさせてあげるのだ。多分、親もありがたいと思う。そして、学習に疲れたところでリフレッシュしにサッカーを楽しむのだ!

④とにかく関係ないことをやる!

よくテレビで高専の人たちが「ロボットコンテスト」みたいなことをやっているが、そんなイベントにサッカー部が挑戦する!笑 「◯◯コンテスト、優勝は◯◯中学校サッカー部!」となったら、会場中が「なに!?」「あいつら何者だ!?」となるだろう。おもしろすぎる!!

 

以上が、僕の考えるサッカー部改革論です!

ここからはプロになれなかった負け惜しみも言いますが、万が一プロになっても、そこから生き残れるかは本当に狭き門ですし、もしなれてもケガ等のリスクですぐ解雇になることもある世界です。

要は学生サッカーは、うまくすることも大事ですが、将来を考えた「教育」という本業も忘れてはいけないのです。

いいクラブチームや強豪校はその辺もしっかりしています。ただ、やはりサッカーにすべてをかけているため、サッカー主体の情熱です。

それに比べて多様な子が入ってくる部活は、今後クラブチームとは異なった在り方が大切だと思います。そのアイデアを今回は少し整理してみました!

 

 

あぁ、中学校の先生も楽しそうだぞ!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です