考えるトレーニング〜なるほど、これが推理か!〜

マンガは超有名。きっとたくさんの人が読んだことありますよね。

名探偵コナン!

ちなみにコナンくんの「コナン」とは、「コナン・ドイル」のことです。

実在した推理小説家です。

そして、コナン・ドイルが小説で生み出した最強の名探偵、それが…

「シャーロック・ホームズ」です!

マンガのコナンくんを読んだことがある人、ぜひシャーロック・ホームズの小説も読んでみてください。

「これが推理というものか!?」と感心してしまいます。

ホームズの抜群の推理、そして冷静沈着な姿はとてもカッコいいものです。考えるときには一切の「邪魔」を遮ってロッキングチェアでブラブラ思いふけっている姿もいいです。

ただ、僕の好きな作家村上春樹を紹介するのと同じで、はじめから長編を読むのはなかなか抵抗があるものです。

なので、はじめは短編集がいいでしょう。

短編集でもホームズはおもしろいです。

また、これまた小説のいいところなのですが、小説を通して当時の歴史・時代を感じられます。

ホームズの世界はイギリスです。さすがコナン・ドイルです。当時のイギリスの情景がありありと浮かんできます。

さて、はじめてのホームズにオススメなのがこの本です。

(画像をクリックすると購入ページにいきます)

シャーロック・ホームズの冒険

という本です。

先程も伝えましたが、短編集になっており、サクサク読めちゃいます。

ちなみにこれは新潮文庫で少し訳が「古くさい」です。

でも、僕はこの「古くささ」が好きです。

格式高い本を読んでいるぞ!と勝手に思い込みます。その無駄な妄想が好きなのです笑

読みやすい新訳もたくさん出ているので、自分にあったホームズを選びましょう。

最後に、このホームズという本、考えるトレーニングにも抜群です!

といっても、ホームズの推理がすごすぎて、「ほう、なるほどな」と終わってしまうのが大抵なのですが笑

とにかく、グロい殺人シーンや戦闘シーンもないので、楽しく読めます。

そして、時々繰り出される名言も素晴らしいですね!

「人は事実に合う理論的な説明を求めようとしないで、理論的な説明に合うように事実のほうを知らず知らず曲げがちになる」

「一般に事件というものは、不可解であればあるだけ、解釈は容易なものだよ。ちょうど平凡な顔というものが見覚えにくいように、平凡で特徴のない犯罪というものこそ、ほんとうに解決がむずかしいものなんだ」

読書の秋にシャーロック・ホームズ、いかがでしょうか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です