【読書】「ストレスを操るメンタル強化術(メンタリストDaiGo)」の名言フレーズ①

最終更新日:2019/07/31 プチブック その他

【読書】「ストレスを操るメンタル強化術(メンタリストDaiGo)」の名言フレーズ①

1つ目の方法はいたってシンプル 。 1日 3 0分 、ゆっくり読書をすることです 。

ただし速読ではなく 、スローリーディング 。ゆっくり本を読むほうがストレス軽減効果は高まるのです 。厳密に言えば最低 3 0分ですから 、それより長く読んでもかまいません 。

ストレスのほとんどは人間関係に原因があると言っても過言ではありませんから 、コミュニケーション能力の向上はストレスの軽減につながります 。

ストレスを軽減する2つ目の方法は 、自分の思ったことや感情を紙に書くことです 。

自分の感情や不安な気持ちをしっかり認められる人は 、緊張したり不安に苛まれたときにネガティブな感情を感じづらくなります 。

感情は道具だと思って使いこなさなくてはいけません 。そのためには 、自分がどういう感情を抱えているのか 、なぜそのような感情が生まれてきているのかを客観的に眺める必要があるのです 。

人間の集中力を回復するための一番いい方法は 、自然の中で過ごすことです 。

集中力を持続させたいのであれば 、一息入れる時間 、何にも集中していない時間を作らなければなりません 。

「ストレスは心や体に害があるもの 」と考えるのではなくて 、「ストレスが自分に成長をもたらしてくれる 」と考えることなのです 。

ストレスを味方に付けるためには 、自分がストレスを受けていると認めることが第一歩です 。ストレスから目を背けるのではなく 、直視することが必要なのです 。

つまり 、ストレスのない人生は 、自分の本当の望みから逃げた人生なのです 。そこに価値を見出すことは難しいでしょう 。

大事なことは 、失敗をしたあとにどうするかということです 。

「楽観的 」というのは 、未来に希望を持つ姿勢のことです 。失敗との関係で言えば 、たとえ失敗しても 、チャレンジする意欲を失わない 、失敗さえも次のチャレンジに活かそうという姿勢です 。これに対して 「楽天的 」というのは 、失敗を忘れてしまう 、そもそも向こう見ずでリスク回避能力が低いということです 。

それは結局 、遅いか早いかだけの違いです 。つまり 、今リスクを取るのか 、リスクを将来に先送りするのかということです 。

今 、新しい仕事にチャレンジすること 、つまり現在のリスクを取ることは 、将来のリスク回避につながるのです 。

自分が絶対に許容できないリスクを考えると 、大胆に行動できる気がしてきますし 、意外と自分は自由であることに気付けるのです 。


Follow me!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です