【これはガマン!?】プチ断食で食べてはいけないフルーツとは?

最終更新日:2019/10/15 プチ健康 プチ断食  食事

こんばんは! ペンギンヤスです🐧

今回のテーマは「【これはガマン!?】プチ断食で食べてはいけないフルーツとは?」という内容です。

プチ断食というのは、16時間はカロリーを断ち、水、お茶、ブラックコーヒーだけで過ごす健康法です。

逆に言うと、残りの8時間は何を食べてもいいということになります。

しかし、あなたが本当に「ダイエットしたい!」「腹筋を割りたい!」と思っているなら、やはり普段の食生活も見直す必要があります。

具体的にはお菓子、ケーキといった「加工食品」を減らすことが大切です。なぜなら、加工食品は脳に快感をもたらし、つい食べ過ぎを暴発させてしまうからです。

そう考えると、「フルーツ、果物」というのは、加工食品じゃないですし、そもそも美味しいですし、プチ断食の心強い味方だと考えられます。

実際それは正解でして、フルーツは素晴らしい栄養を私たちにもたらしてくれます。

僕も大大大好きです✨笑

しかし、そんなフルーツも「ある食べ物」において、プチ断食の敵となってしまうのです😓

それはいったい何なのか!?

これからご紹介しますね^_^

 

プチ断食の敵であるフルーツとは?

このフルーツはよくて、このフルーツはいけない!というわけではないのです!

人間は、いろいろなものを食べた方がいいのです!

だからフルーツだって、ある特定のフルーツを仲間外れにするつもりはないのです!

でも、できればこれは控えてほしい…

それこそ、

ドライフルーツ

なのです!

マンゴーやイチゴといったベリー系がよくドライフルーツになっているでしょう。

もし、プチ断食を通して、健康やダイエットを目指すならば、ぜひドライフルーツに関して、一度考えてみてください!

 

ドライフルーツの正体とは!?

ドライフルーツは水分をとばしたフルーツです。

水分がとんでいるので、ギューと縮まっていますよね。

さて、フルーツにも糖質が入っています。それが「果糖」です。

お菓子やその他の加工食品とは違い、フルーツにはちゃんとビタミン、カリウムといった色々な栄養が入っています。が、果糖は名前がちょっと違うとはいえ糖質です。つまり、フルーツにもお菓子のように糖質が含まれているのです。

よって、フルーツも取り過ぎれば、脳に快感は溜まりますし、また太ります。

だから、フルーツを食べるときも、ほどほどがよいのですな^_^

ただし、このドライフルーツはね…

食べたことある人はわかると思います。

水分がない分、面積が少なくなり、たくさん食べれてしまうのです!

それはそれはもう一種のお菓子として、ついついパクパクつまんでしまいます!(僕はそうだった)

さらに❗️

水分がとんだフルーツというのは、どんな状態なのか?

それは残念ながら、もはや「砂糖のカタマリ」という状態なのです💦

つまり、ドライフルーツを食べるということは砂糖のカタマリ、つまり糖質をたくさん取ってしまうことになるのです。

先程、言ったように、面積が小さくなって食べやすくなった状態でね。

 

どんなに意志力のある人でも、すべてのお菓子を封じることは絶対に不可能です。

僕もそうです。

だからドライフルーツもすべて断つなんてことも不可能でしょう。

しかし、ぜひ今回の記事を読んでもらって、僕と同じくプチ断食によって、健康や割れた腹筋を手に入れたい!という人はぜひ今後考えてみてください^_^


以上、ドライフルーツについてご紹介しました!

それではまた! ペンペン🐧

ちなみに最近の体はこんな感じです(^^)

Follow me!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です