青山学院大学陸上競技部監督 原晋 名言集③

青山学院大学陸上競技部監督 原晋 名言集③

①「努力してもだめなこともある。でも、努力を止めてしまったら結果は出ない。」

②「時代遅れ」は「手遅れ」になる。

③新しい発見やアイデアは、内から生まれるより、外と交わることで生まれてくるものです。

④組織は自分ひとりで作るものではない。

⑤土台のないチームは、勢いで勝つことはあっても連覇はない。

⑥質のいい花をたくさん咲かせたいなら、まず目を向けるべきは土壌を耕すことです。

⑦強い組織を作るには、コーチングの前に「ティーチング」です。

⑧やり方を知らない人たちに自主性を与えても、どうしたらいいのかわからない上に、間違った方向へ行く可能性があります。

⑨「いちばんつらいときに明るくなれる人」かリーダーである。

⑩キャプテンは、部員がこの人と一緒に戦いたいと思える人。

⑪組織が成熟すると「一体感」と「緊張感」の割合が変わる。

⑫勝利だけを追い求めるよりも人間形成を第一に行うほうが、結果として勝利への近道になる。

⑬指導者に対しても、自分の意見を言える組織。

⑭まず選手たちに考える癖をつけさせることです。そのいい訓練になるのが、相談することです。

⑮上司に相談したとき、「それがいいね。それでいこう」と言ってもらえるように持っていくのが「良い相談」の仕方です。

⑯答えを出すな、出るまで待て

⑰考える集団を作るには、待つことである。

⑱選手を数字だけで選んでしまうと、結果が出ないことがよくあるのです。

⑲やってくれるだろうは「だろう」で終わる、と思っています。

⑳管理職の仕事は「管理することじゃない、感じることだ」

㉑強さとは、どんな環境にも対応できる能力です。

㉒「自分を自慢してもらえませんか?」

㉓監督の顔をうかがうようになったら最悪です。縮こまってしまって、自分のパフォーマンスを発揮するどころではなくなります。

㉔口説き文句にリアリティはあるか。

㉕目標を「数字」に置き換えよ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です