ジョギングとウォーキングどっちの方がダイエットに効果的ですか?

最終更新日:2019/05/26 プチ筋トレ プチ断食 プチ健康 運動

「ジョギングとウォーキングどっちの方がダイエットに効果的なんだろう❓」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

 

こんにちは! ペンギンヤスです🐧

30代で腹筋を割ることを目指しています。そのために「プチ断食」という方法を仕事と両立させて毎日過ごしています(^^) このブログではプチ断食に没頭しながら学んだことをいろいろ紹介しています。(プチ断食について、くわしくはコチラの記事を参考にしてください♪)

今回は「ジョギングとウォーキングどっちの方がダイエットに効果的ですか?」というテーマについてお話します❗

最初からガツンときますが、はっきり言いまして、ダイエットに絶対欠かせないのは「食事制限」です。

食事制限なしのダイエットは間違いなく効果は今ひとつです^^;

ジョギングとウォーキングとは、つまり「運動」のことですね。

ダイエットのために運動を心がけることはとてもいいことです。ただ、繰り返しますが、ダイエットには「運動」より「食事」の方が大切です。

既に運動を頑張っている人には申し訳ないですが、この真実はぜひ心に刻んでほしいと思います。

とはいえ運動は「健康」を保つには絶対に必要です。

ダイエットを「痩せる」目的だけでなく、もう少し幅広く捉えてみましょう。つまり、ダイエットによって健康を保つという姿勢です。

肥満が見た目的にも、内臓的にも悪影響を及ぼすことは誰もが感じていることだと思います。だから、運動によって健康を保ち、より人生をエンジョイしていこう!という気持ちが大切です(^^)

 

前置きが長くなってしまいましたが、イザ運動をしようと思っても、何からすれば考えちゃいますよね。

そこで今回は最も気軽にはじめられる「ジョギング」「ウォーキング」について、いろいろ解説したいと思います。

さらに、あくまでこのブログは「ダイエット」が目的なので、

「ジョギングとウォーキングどっちの方がダイエットに効果的なの?」

という疑問を一緒に考えていきましょう!

 

「ジョギングとウォーキングどっちの方がダイエットに効果的ですか?」

結論から言いますと、「ダイエットにはウォーキングの方が効果的です❗」となります。

要は、「走る」より「歩く」方がいいということですね。

もう少し詳しく解説していきます(^^)

 

最も効果的なダイエットは「昔の人」を参考!?

遥か昔です。

昔といっても、福沢諭吉・織田信長・聖徳太子どころではないです。

もっともっと昔です。

それは「人々が狩猟採集で暮らしていた」ときです。野生の動物や植物を食べていました。

その時代と現代と比べると、確かに「長生き」は現代です。

それは医療の発達で、感染症などを防ぐことができるようになったからです。

そして、長生きの他に、昔の人のほうが「少なかった」事例は他にもあります。

それが「ストレス」と「肥満」です。

遥か昔の人々は「肥満」というものに対して無縁だったのです。(猛獣に襲われる、毒草を食べてしまうなど、不安からくるストレスは昔の人もありました。ただ現代のストレスに比べて「ストレスの理由がはっきりわかる」ことが昔の特徴です。さて現代は…)

肥満とは無縁だった、遥か昔の人々の生活習慣を積極的に取り入れよう、というのが、「パレオダイエット」です。

 

さて、様々な効果があるパレオダイエットですが、今回のテーマに照らし合わせた特徴を1つ挙げてみると、

「とにかく昔の人はよく歩いていた」

となります。

動物を捕まえたり、木の実を採取するためには、歩いて歩いて歩きまくって探すしかありません。

死活問題に関わるほど、歩くことは大切だったのです。

つまり、人類にとって(生きるための)基本運動は「歩く」なのです。

「いや、そんな昔のことを参考にしたって…笑」

という疑問もあるでしょう。

しかし、飛鳥時代・江戸時代・昭和時代…僕たちが歴史で習う時代は、「時間」で見れば、人類のほんの僅かな期間なのです。狩猟採集時代の方が、歴史的にはずっとずっと長いのです。

長い時代をかけて、DNA的には狩猟採集時代のほうが体に適しているといわれます。

ですので、まず「歩く」という運動は、僕たちにとって最も適した運動であることを覚えておいてください。

 

はじめやすい・続けやすい

何かを変化させるには、継続することが大切です。

さて、ジョギングとウォーキングですと、どちらのほうが継続しやすいでしょうか?

まずは「準備」から考えてみましょう。

ジョギングは当たり前ですが、「汗をかく」「走る」という特徴があります。

汗をかくということは「運動着」にしなくてはいけません。

走るということは「ランニングシューズ」にしなくてはいけません。

一方、ウォーキングは、強度や季節、環境によっても変わりますが、基本道具にはこだわらなくてもできる運動です。

出勤の合間、デート、散策など、いたるところでごく自然に取り組めるのが、ウォーキングの特徴です。

「何も特別な準備をしなくてもよい。ただ歩くことを意識すればよい」

これがウォーキングをはじめやすい理由です。

次に、ウォーキングは「普段の買い物を自転車ではなく、歩いて行ってみる」「今日はエスカレーターではなく、階段で行ってみよう」など、普段の生活リズムの中で、様々な工夫ができます。

ジョギングの場合ですと、運動着やランニングシューズにする必要があるため、平日の場合は出勤前や退勤後など、「普段の生活リズムの中で特別な時間」をつくる必要があります。

もちろん、天気のよい公園ジョギングはいい気持ちになりますし、それを否定するつもりは全くありません。

しかし、忙しい平日に特別な時間をつくるのは、かなり難しいのではないでしょうか。

また、真夏や真冬の時期にジョギングをするのは、なかなか厳しいものです^^;

このように、ジョギングを続けるのは、相当な覚悟が必要になります。

一方、ウォーキングは続けやすいというメリットがあります。

 

体に負担がかからない

たとえば、ジョギングをやろうと思ったときに、走るコースといえばきっと道路や近所の公園でしょう。

整備された芝生や陸上トラックという環境は基本ないはずです。

普段からトレーニング慣れしている人には問題ないですが、あまり運動しない人がいきなりジョギングをすると、足や膝を痛めることがあります。

硬いアスファルトの上で走るということは、相当な負担が体にかかっています。

体を痛めては、仕事にも支障がでますし、運動を継続することもできません。

ですので、体に負担がかかりづらいウォーキングからはじめることが大切だと思います。

ジョギングの場合は、入念なウォーミングアップ・クールダウン、そして、はじめは体に負担がかからないように時間がスピードを調節してほしいと思います。


以上、「ジョギングとウォーキングどっちの方がダイエットに効果的ですか?」というテーマについてお話ししました❗

繰り返しますが、運動だけは痩せません。痩せるには「食事制限」が大切です。

しかし、健康のためには運動は欠かせません。

ぶっちゃければ運動は何でもよいのであって、その中でも僕はできる限りハードルが低い「ウォーキング」「筋トレ」を勧めています❗(筋トレに関してはこちらの「プチ筋トレ」」を参考に

大切なことは継続することなので、自分にライフバランスにあった運動をぜひ見つけてくださいね❗

それではまた(^^) ペンペン🐧

Follow me!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です