【読書】西野亮廣「革命のファンファーレ」の名言20フレーズ①

最終更新日:2019/06/21 プチブック その他

革命のファンファーレ

西野亮廣「革命のファンファーレ」の名言30フレーズ①

①動物であろうと、植物であろうと、いつの世でも種として優秀なのは「年下」で、これは抗いようのない自然界のルールだ。

②若者世代への批判は、そのほとんどが「進化への乗り遅れ」に他ならない。

③こんなことを言うと先輩方から怒られるかもしれないけれど、僕より上の世代は、僕より下の世代のように「職業に寿命がある」という体験をしてこなかった。

④多くの大人は「職業は永遠に続く」という前提で話を進めてくる。

⑤上の世代は、職業をたくさん掛け持つと「結局、何がやりたいんだ! 一つに決めろ!」と咎めてくるけれど、どっこい、やりたいことを掛け持つことや、やりたいことに迷うことは、これからの時代を生き抜く術だ。

⑥生物が生き残ろうとして、何が悪い?

⑦今の時代に「○○になる!」と肩書きを一つに決め込む方が、よっぽど危険だ。

⑧やりたいことが見つからないことは、間違いでも何でもない。肩書きが猛スピードでなくなっていく時代にキチンと対応できている証拠だ。

⑨周りはとやかく言ってくるかもしれないが、肩書きを一つに絞れずに肩身の狭い思いをしているあなたは大丈夫、何も間違っちゃいない。

⑩革命のファンファーレは鳴った。

親世代の常識は「お金=ストレスの対価」だ。

ところがどうだ? ストレスがかかる仕事から順にロボット化されていき、ストレスがかかる仕事がみるみる世の中からなくなっていくではないか。

ここからは、「好きなことを仕事化するしか道が残されていない」時代だ。

常識のアップデートを止めてはならない。

成功と失敗の裏にあるのは、理由と原因だけ。全て数学だ。

他人と競った時点で負け。自分だけの競技を創れ。

ついつい飛ばしてしまいがちな「作り方を疑う」という作業から始めると、何なら人が手をつけていない問題が出てきた。

キミの才能を殺したくなければ、お金の正体を正確に捉えろ。

クラウドファンデングはお金のなる木ではない。

どうやら、「有名人だから、お金が集まる」というわけでもない。


Follow me!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です