【読書】西野亮廣「革命のファンファーレ」の名言20フレーズ②

最終更新日:2019/06/23 プチブック その他

革命のファンファーレ

西野亮廣「革命のファンファーレ」の名言20フレーズ②

①全ての職業の中で、経済から一番遠い場所で活動しているのが、社会を経験せずに職に就いた「学校の先生」だ。

②学校の先生に一番必要のないスキルが「お金」だ。

③「お金」とは信用を数値化したものだ。

④クラウドファンデングとは信用をお金化する為の装置だ。

⑤嘘が、嘘としてカウントされる時代になってしまった。

⑥『好感度』と『信用』、『認知』と『人気』は、それぞれまったく別物だ。

⑦信用を勝ち取ることだ。

⑧お金を稼ぐな。信用を稼げ。「信用持ち」は現代の錬金術師だ。

⑨タレントとして信用を勝ち取る為に、まずは「嘘をつかない」ということを徹底した。

⑩嘘は「感情」でつくのではない。我々は「環境」によって嘘をつかされる。

僕は、嘘をつかざるをえない環境にあるグルメ番組のオファーは全てお断りするようにした。

「嘘をつかない」ということは「自分の意思を明確に表明する」ということと同義だ。

問題は「何を言ったか?」ではなく、「誰が言ったか?」だ。

信頼関係のない「イジリ」はイジメだ。

イジリとイジメの境界線は言葉の強弱ではなく、「信頼関係の有無」だと僕は考えている。

僕が明確に表明した意思は「イジメには徹底的に参加しません」だ。

感情は環境に支配される。

意思決定の舵は「脳」ではなく、「環境」が握っている。

嘘をつかなくても良い環境を作ることが大切だ。

人が嘘をつく理由は、嘘をつかざるをえない環境にいるからだ。


Follow me!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です