【読書】西野亮廣「革命のファンファーレ」の名言20フレーズ⑦

最終更新日:2019/06/26 プチブック その他

革命のファンファーレ

西野亮廣「革命のファンファーレ」の名言20フレーズ⑦

①作品だけではスマホに勝てない。

②作品と同時進行で「体験」を作り、その「体験」の「おみやげ」に作品を忍ばせる必要がある。

③「モノ消費から、コト&モノ消費」だ。

④商品は、体験に紐付ければ確実に売れる。

⑤広告を作る時は、自分の手から離れても尚、こういった「広告の連鎖」が自然発生する基盤を作ることが大切だ。

⑥これからの時代は、セカンドクリエイターのクリエイター心をいかに揺さぶるか。いかに「作ってみたいな」と思わせるか。そこがヒットの鍵になってくる。

⑦信用時代の宣伝は、口コミが最強。口コミをデザインしろ。

⑧現代の宣伝力は、つまり信用力だ。

⑨信用が担保されない広告に、広告効果などない。

⑩広告は「いかに口コミをさせるか」の勝負になってくる。

自分一人で広告をしてはいけない。「広告させる」ことが大切だ。

自分の作品と、社会を一体化させろ。

ジャパニーズ・ハロウィンは、世界最大規模のコスプレ大会だ。

エンタテインメントは時間の陣取り合戦だ。

時間を一番奪った人間が勝つ。

努力量が足りていない努力は努力ではない。誤った努力もまた努力ではない。

撮影OKの個展しかり、絵本しかり、いかにインスタグラムにアップしてもらうかを考えた。

自分達だけで宣伝するのではなく、読者に宣伝してもらうためだ。

皆が簡単に通り過ぎてしまう、そんな端っこの方まで気を配り、丁寧にデザインできる人がヒットを生めるのだ。

ヒットには必ず理由がある。


Follow me!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です