寝るのは23時にした

夏休みで就寝時間がズレたというわけではなく、もともと寝るのは遅い僕でした。

基本、日付はまたぎます。

でも、それじゃ体力が持ちません。

もう二十代の体ではないのです…笑

自分の体と対話・研究を重ね、万全のコンディションを作っていかなければなりません。

 

仕事以外で自分自身に課していることは、

①パソコン(このブログのこと)

②筋トレ

③読書

です。

インプットとアウトプットを課しています。

しかし、ここ最近、読書の時間が取れません。

パソコンにしても、余裕があればいいのですが、忙しい日は今回の日記のように「思いつき」の文章になってしまいます笑

 

そうなると、どんな忙しい日でも絶対に欠かさない課題は、

「筋トレ」

でした!

絶対欠かさないということは、自分の中で優先順位が高いのでしょう。このモチベーションはどこから来るのか? う〜ん。

 

筋トレとはつまり体を鍛えることです。

新渡戸稲造は、

海外に通用する日本人になるには、まずは何よりも体力

勝海舟は、

どんなことがあれど、体は鍛え続けよ

と言っています。

先人たちもこう言っているように、いつの時代も体を鍛えることは大切なのです。

学問、スポーツ、芸術など、それぞれの得意分野があると思いますが、サッカーを続けてきた僕は基本、体を鍛えることが好きなのです。

だから、筋トレの優先順位が高いのですね。

 

昨今の教育現場は本当に忙しいです。

現在、教職を目指している人がいたら、本当に偉いな〜と思います。

そのような現場で必要な資質は、もはや学問だけではダメでしょう。

そこには、並外れた「体力」が必要になります。

精神的なタフさ、も大切だ!と言いたいところですが、体力のないところに精神的なタフさはやってきません。

健全な精神は健全な肉体に宿る

です。

つまり、この仕事にはまず「体力」が一番なのです。

もちろん、自分の資質や置かれた環境によって、筋トレなんて出来ない人が多いでしょう。

 

でも、大丈夫です。

体力を身につけたくば、筋トレがすべてではありません。いや、筋トレをしていても「ある活動」を自分に課さなくてはいけません。

その活動こそが、

睡眠

です。

具体的には、7時間寝ると好ましいらしいです。

起きる時間と逆算して…

寝る時間は23時がいいと、僕は判断したのだ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です